世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 「空亡」の働き

 

今日は日中気温も上がって読書をするにもスポーツをするにも気持ちの良い季節ですよね。私はもっぱら食欲の秋です。

sponsored link

今日は四柱推命占いの「空亡」について。別名天中殺。字のごとく他の占いでは恐れられてもいますが、四柱推命ではそれほどの凶意味なく、吉凶共に作用せぬとも言われています。これは命式の天干が天の気配、地支は大地である方位を支配するとの考えから、大地の中の種子が天の気配によって発芽し成長していきますが、空亡となる干支は天の気配を受けることができず発芽することができないという説からです。

陽干日生まれの人は空亡の陽の干支、陰干日生まれの人は空亡の陰の干支を「真空」と言い重視し、その方位が吉方位であってもその作用が得られないことになります。残る干支は「半空」と言ってその影響は少ないと考えられています。

「空亡」は大きく年月時と大運の干支を空亡した場合と日干から見て空亡の五行が意味する星を空亡した場合とで鑑定していきます。確かに命式中の空亡の働きで幸運中にも禍が発生しやすいという面もありますが、凶運が和らぐという面もありますので必要以上に恐れる必要はありません。

ちょっと難しくなってしまいましたが、ご自身にとって何に注意したら良いかを知って備えることが重要で、「空亡」の年は”新しいことを始めてはいけない”とか”お祝い事は避けなければいけない”などという説も全てに当てはまるわけではないですので最悪だ!などと悲観する必要はありませんのでご安心くださいね。

 - 命式