世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命で運勢を占う! 生日干支が壬申の人

 

銀座松屋の発表によると、2016年の福袋は約700種類。来年の干支、申年に縁起が良いとされる「赤いもの」を集めたものや、今年話題となった五郎丸選手愛用の飲料や食事などの他、サッカー観戦チケット、防寒グッズなどを入れた福袋があるそうです。今年後半はどのスポーツよりラグビー注目度が高かったように思いますが、しばらくこの熱は続きそうですね。

sponsored link

福袋

生日干支が壬申の人

 

本日は60干支の9番目の干支、壬申の日に生まれた人の性質について解説いたします。

○壬申日生まれ
納音は釼鋒金(けんぽうきん)。天冲絶迹は甲戌と乙亥。流れて尽きぬ水を意味します。生日12運は長生となり秋月生まれか、命式に庚辛の金があれば清く冷たい水の流れが枯渇することはなく、運勢も富貴な命となります。

春月、夏月生れは火に照らされ水分が蒸発しますので福力は劣ります。強い木気(甲)、強い土気(戊)は壬の水の流れを弱め運勢の勢いも滞りやすくなります。秋月、冬月生まれは、学術技芸、学者または役人などの高官の地位に就いたり、名声を得る運があります。逆に命式中に、納音が火となる丙申、丙寅、戊午がある場合災いに見舞われやすい運勢となります。

この日生まれは、長男、長女若しくは末っ子が多く、善良な人柄で好奇心も旺盛ですが途中で投げ出したり最後までやり遂げることが苦手で成功を逃してしまうことが多いので、忍耐力や持続力を養うと発展に繋がります。

命式中に火気が多い場合も、物事がスムーズに進まず他人に先を越されたりして目標達成に困難が伴うことがあります。

蔵干に戊(偏官)が現れる人は、波乱含みの家系の出身で若い頃は苦労しても、中年以降に他郷に出て成功発展する運があります。女性は結婚に失敗しやすい暗示ですが、2度目の相手は賢明な夫となる運勢です。

蔵干に壬(比肩)が現れる人は、両親、兄弟、身内が幸福なことが多く、自分も中年期以降に幸せな運勢となる暗示があります。

蔵干に庚(倒食)が現れる人は、片親との縁が薄く別な人からの養育を受け、幸福に成長していく暗示があります。一芸に秀でる能力があり学術、技術、医師などの道が開運となります。

 - 命式, 生日干支の吉凶