世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 命式から分かる男性のタイプ こんな男には気を付けよう!

 

独身男性向けマンション

晩婚化が進み独身の男女が増えていますが、一人暮らしの男性をターゲットに開発されたマンションがあるそうです。大型スクリーンや最新の音響設備を備えた部屋や炭酸の温泉を再現したお風呂がついていたり、益々一人生活を堪能できそうな物件が紹介されていました。男性向けに限らず女性の一人暮らし用マンションも出てきそうですね。

男性鑑定が続いたので、今日は四柱推命の観点から気を付けたい男性の命式を考えてみたいと思います。

異性問題に注意!正偏混在の命式

 

まず、男性にとって女性は財星です。財星には正財と偏財がありますが、それぞれの星にも個性がありニュアンスが違ってきます。正財とは正妻、相続人となるような妻(女性)、初婚の妻などといった感じで結婚を考えて真剣交際となるような女性の意味があります。一方、偏財とは愛人、妾、浮気相手の女性、遊びの女性などの意味になり正財のような真面目な印象とは異なります。正財がお見合い結婚の相手、偏財が恋愛結婚の相手などとも考えられます。

女性から見て、気を付けたい男性の命式は正財と偏財が混在している場合です。四柱推命的には正偏混在するのはよろしくありません。こういう男性は、女性の影がちらちらしますから浮気の問題が出てきます。異性トラブルから仕事面、健康面、金銭面において自分の身を滅ぼしてしまう人もあります。

sponsored link

女性に優しくない!正財と劫財、比肩と偏財が並ぶ命式

 

別な見方では、女性に優しくない、冷たい、女性心が分からないといった男性は正財と劫財が近くに並ぶ命式です。正財と劫財の組み合わせは正財という吉星を劫財という凶星が攻撃しますので非常にイヤなパターンです。この命式の男性は、大抵妻や彼女を無意識の内に制圧したり、攻撃するようなタイプで女性に優しくないので、妻や彼女は不満が多くなります。中には暴力的な男性であったりする場合もあるかもしれません。ただし、通関神の食神や傷官があれば劫財の凶意を弱めて正財の力を強めてきますので優しい男性である場合が多いです。

偏財と比肩が並ぶ命式も同様で、妻や彼女を攻撃しますので夫婦であれば離婚に繋がることもありますし、交際中の恋人でもうまくいかないことが多いです。

金運が悪い!財星がなく比劫と印星が多い命式

 

また、違った見方では財星が一つもなく比肩、劫財、倒食、印綬の多い命式の男性にも気を付けたいところです。財星は男性にとって、女性を意味しますが同時に金銭財物の意味もあります。ですので、財星がない男性は金銭財物とも縁がないことになります。ただし、この場合も食神、傷官があれば話は変わります。お金を生む食神、傷官は財星より金銭運は良いとも考えられますし、比肩や劫財を弱めますのでこんな男性ならば夫や恋人としてよいかもしれません。

命式に財星がなく、土星の中に財星がある男性も隠れた浮気相手がいると見ることができます。この命式では一見、女性にも慣れてなくて真面目そうな男性に多かったりするかもしれませんね。

正財を持つ男性は真面目で保守的なタイプ、逆に偏財を持つ男性は女性を喜ばせるのが上手ですし、マメなタイプと言えるかと思います。もちろん女性としては誠実な男性と交際したいですよね!命式とは、うわべでは分からないその人の本質が表れますので、交際前でも交際期間中でも調べてみるとよいかもしれません。実はDVする要素のある男だったなんて!!な~んて後で気がついても悲しいですからね。

女性版「四柱推命占い 命式から分かる女性のタイプ 運を下げそうな女性の命式って?! 」についても解説しています。

 - 命式, 相性・異性