世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い あなたの12運は? 12運と四柱の関係 その4

 

ネスカフェフォトラテ
カフェで良く見るラテアートの進化版。”カラーフォトラテ”ご存じですか?ネスカフェ原宿店ではスマホなどで撮った写真を専用の機械を通すことで、その写真のまんまのラテアートにして提供するサービスを始めるそうです。そっと差し出されたらビックリしますね。ちょっとしたサプライズ効果になりそうです。

四柱推命占いでの運勢の吉凶判断の一つ、12運(死,墓,絶)が各柱とどのような関係性があるかの解説します。

sponsored link
12運「死」が命式にある人

 

「死」の特徴は、生まれながらにして賢く学習能力が高いです。先見の明もあり、従順で人情深い人ですが福分が薄く迷いやすい性質があります。神経質な面もあり取り越し苦労となることも多いですが、学術技芸の才能を活かすことが開運に繋がります。

○年の柱にある人:父や父方の先祖の徳を受けずらく、たとえ父親が成功者であってもその恩恵を受けられないことが多いです。
○月の柱にある人:親兄弟などの身内との縁や家庭運が薄く、身辺が寂しくなりやすいです。
○日の柱にある人:心配性で物事2歩、3歩先まで案ずることが多いですが、結果それほど悪くはなく取り越し苦労となりやすいです。
○時の柱にある人:子供との縁は薄い方です。月の柱、日の柱の12運が強い場合、晩年思わぬ禍に遇いやすいです。

12運「墓」が命式にある人

 

「墓」の特徴は、五行全てが自ら墓に帰す形となります。そのためアンティークなどのコレクションに凝ったり収集家などの特技を持つ人が多いです。命式にもよりますが、器量が小さく柔軟性に欠ける面があり、物事が順調にいっても偏屈になりやすいです。他の12運よりお墓に関する縁が深いです。

○年の柱にある人:先祖のお墓を守るべき人で、それにより開運していくことが多いです。
○月の柱にある人:親兄弟や友人などの面倒をみることがが多く、それにより出費も多くなります。お墓に関しての世話をする役目になることがありますが、それを怠ると家系断絶になることがあります。
○日の柱にある人:自分の代に成ってから身内や親族の厄介事が多く生じたり、配偶者の家の面倒をみる事が多くなります。
○時の柱にある人:子供ができても頼りにはできませんが、自分は晩年幸運です。

12運「絶」が命式にある人

 

「絶」の特徴は、軽率な行動があり物事に拘らない性質で仕事や住居などの変転も多くなりがちです。また物事の粘りに欠けるところがあります。

○年の柱にある人:大人しい性格で若くして親元から離れた生活を送る傾向があります。故郷を出て都会生活をすることが多いです。
○月の柱にある人:家族身内との縁が薄く、孤立した生活を送ったり人付き合いが少なくなりがちです。家相との関係によっては家系が絶えることがあります。
○日の柱にある人:家族身内との円満を欠き、故郷を離れて都会生活をする人が多いです。ただし、ルーズな面があり世間からの信用を得られない場合があったり、物事を自分の都合の良いように納めてしまう傾向があります。
○時の柱にある人:縁のある子供は一人だけで、複数子供がいても他の子どもは自分からは離れたところで生活をします。

他の12運と四柱の関係についてはこちらから。
胎・養・長生
沐浴・冠帯・建禄
帝旺・衰・病

 - 12運, 命式 , ,