世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命で運勢を占う! 生日干支が庚辰の人

 

おにぎらずぐるめ情報サイトのぐるなびによると、握らないおにぎり「おにぎらず」が今年の話題を集めた”今年の一皿”に選ばれたそうです。握らないことで多品種の具を入れられ手にもつかないので、手軽に栄養が取れますよね。既存の商品に新しい視点を加えて別な商品を作る手法が食のトレンドになっているようです。伊藤忠商事では来年は「食べるオイル」が流行すると見ているそうですよ。

生日干支が庚辰の人

 

60干支の17番目の干支、庚辰の日に生まれた人の運勢、吉凶についの解説です。

○庚辰日生まれ
納音は白鑞金(はくろうきん)。天冲絶迹は丙申と丁酉。水師将軍と称され精悍で有用な人物となる要素を持ちます。生日12運は養と強くはありませんが、魁罡(かいごう)の干支であり、また日支の辰は春月木気が盛んな地支であるため財旺ずる命と考えられます。そのため、命式中他に財星や官星がないほう好命で 戌や辰など魁罡の干支がありその上に日干を助ける事を喜びとします。

命式中に酉があることを喜び、戊寅があれば全て順調に進展していく運があります。逆に日干が弱くなる木や火が強いときは物事の成就が難しく、刑・沖・害がある場合も運勢の変転を生じます。

納音は金であり火による制圧がなくても既に器物として成り立っていますので、火が多くなると逆に器物を損壊することになります。そのため、甲辰や乙巳の納音の火を嫌います。よって、春夏月生まれは災いも幸運も経験し、秋月生まれは幸運な命となり命式中の偏官は良い働きをして災い少なく文武に秀でた人物となる運勢です。

この日生まれは、養子系の人が多く父が養子であったり自分が養子に出たり迎えたりすることになりやすいです。人柄的には正直で勤勉ですが、癖があり欲深い人も多いです。一癖ある性格が他人から誤解されやすく失敗を招くことになったりします。

蔵干に乙(正財)が現れる人は、資産家の血統正しい家柄の出身の女性との縁がありますが、夫婦間のトラブルが生じやすく再婚で得た妻と幸福となる運勢です。

蔵干に癸(傷官)が現れる人は、身内から恩恵を受ける暗示があり一度は開運します。子供がない場合には養子を迎え、その子から孝養を受けます。

蔵干に戊(倒食)が現れる人は、片親と生死別した後に運勢の変転があり、家運も衰退しやすいですが、学術系の仕事に就くことで運勢が好転していきます。

 - 命式, 生日干支の吉凶