世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命で運勢を占う! 生日干支が辛巳の人

 

稲「ピューレ」と言えばトマトピューレが一般的ですが、お米のピューレがあるのはご存じですか?お米需要の低下を解消するために、ネピュレ社が開発したものが”コメネピュレ”。特徴はこれまでのピューレは素材の風味や栄養が失われてしまうという欠点がありましたが、コメネピュレは素材の持つ旨みを活かして添加物の一部も不要にしたことにあるそうです。パン屋の「ポンパドウル」でコメネピュレを使ったパンが販売されているようです。

生日干支が辛巳の人

 

60干支の18番目の干支、辛巳の日に生まれた人の運勢、吉凶についの解説です。

○辛巳日生まれ
納音は白鑞金(はくろうきん)。天冲絶迹は丙申と丁酉。石中の宝石と言われ、生日12運は死となり日干は弱いように見えますが日支の巳の蔵干には印綬があり日干を助けておりますし、命式に正官もありますから品格が漂います。印綬も正官も引従して強い12運となりますからどちらかと言えば好命です。命式中に水があれば、この宝石は光を発して幸運があります。特にこの水は地支にあるより天干にあるほうが良いです。もし、天干に丙があれば丙と辛の干合の命式となり、その場合は亥の沖を喜びます。

命式に丙辰がある場合、納音が火となる乙巳や戊戌があることを嫌います。丙申があれば天干の干合と地支の支合となり鴛鴦合になり好命ですが、月や時間の柱にこの干支がある時は手を悪くしやすいです。

この日生まれは、心清らかで身体も健康で特に秋冬生まれの人は好命で、春夏生まれの人はやや凶事に見舞われやすい運となります。性格は大人しく不要な心配事を抱えやすく取り越し苦労性でもあります。短気な一面も持ちますが、身だしなみに気を使いお洒落な人が多く男女ともに紳士淑女的な外見です。ただし、虚勢を張るようなところがあり男性は女性関係で苦労する傾向があります。

蔵干に戊(印綬)が現れる人は、家柄も血筋が良く大人しく真面目な性格です。幸福に過ごしますが自分の世代になってから家運が衰える運勢です。ただし、結婚前に家運が衰えている時には却って結婚後家運隆盛となることがあります。

蔵干に庚(劫財)が現れる人は、異性の兄か姉があり自分の助けとなってくれますが、自分が幸福になった後は近親者、兄弟と離別することがあります。

蔵干に丙(正官)が現れる人は、生家は隆盛の頃に生まれその恩恵を受けますが、自分の代になってから家運が衰退する暗示があります。ただし、命式中に財星があれば開運していきます。女性は頼りにならない夫を持つ傾向があります。

 - 命式, 生日干支の吉凶