世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命で運勢を占う! 生日干支が乙未の人

 

築地市場2016年初競り
東京築地市場では今朝毎年恒例の初競りが行われたそうです。最高値は青森県大間で水揚げされた200キロのクロマグロ。1,400万円で競り落としたのは、「すしざんまい」を運営する喜代村で、5年連続の落札のようです。今年11月に市場は築地から豊洲へ移転してしまうんですよね。移転前に一度場内でお寿司を堪能したいです。

生日干支が乙未の人

 

昨日に続き60干支の32番目の干支、乙未の日に生まれた人が持って生まれた運勢や吉凶の傾向についの解説です。

○乙未日生まれ
納音は沙中金(さちゅうきん)。天冲絶迹は甲辰と乙巳。空亡は辰巳です。あさがおや藤のような蔓に例えられることから、乙の木はそれ自身では上に伸びていくことはできず健木が必要です。そのため、命式に健木となる甲や寅があって更に適度な水も持っている命式では好命です。健木がない命式でも、節入り日が深い場合は巳の蔵干に財星が現れますので社会的な発展が期待できます。

秋月、冬月の生まれは太陽の光が弱まり暖気が不足しますから、この場合例え未と沖や刑となっても、丑や戌があることを喜びます。

この日生まれの人は、2,3番目に生まれた人が多く性格的には温厚で社交的、学びの精神も旺盛です。欲深い一面もありますが、先見の明があり好機を掴む運も持っています。運勢的には他家の相続にとなるほうが良く、そうでない場合には社会的な地位や財を得ても一時的なものとなりやすいです。

体質的に精力旺盛な人ですが、腫れ物を患いやすく命式に金の五行が多い場合は脳疾患に注意が必要です。他の柱に乙丑がある人は、胃腸、大腸系の病気にかかりやすいようです。女性においては、所謂”女性らしい”一面も持っていますが、本来持つ精力旺盛なところが悪くすると淫乱的な行動へ繋がる場合もあります。

蔵干に丁(食神)が現れる人は、健康で寿命も長く衣食住など運勢的にも恵まれています。

蔵干に乙(比肩)が現れる人は、日干が弱い人は他家の相続人となることが多いようです。日干が強い人は兄弟で他家に住み養育を受ける暗示があります。正直者で努力家でもあり運勢も次第に発展していく人です。

蔵干に己(偏財)が現れる人は、仕事がも順調に発展していき、結婚によって福を呼ぶ運勢です。また、生家を離れ他家の養子になって財を得る人も多いです。

 - 命式, 生日干支の吉凶