世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命で運勢を占う! 生日干支が丙申の人

 

ポップオーバー
”ポップオーバー”をご存じですか?私は今朝のニュースで初めて知った言葉ですが、パンケーキの次にヒットすると言われているスウィーツです。シュークリームのような感じですが、外はサクサクッ、中はフワっとしていてクリームを挟んだりベーコンや卵を挟んで食事代わりにもなるというものだそうです。今年のヒット商品となるのかちょっと気になります。

生日干支が丙申の人

 

60干支の33番目の干支、丙申の日に生まれた人が持って生まれた運勢や吉凶の傾向を四柱推命の観点でご説明します。命式中の四柱にある干支と同じ干支が巡る年を干支倂臨(かんしへいりん)と言います。特に日干日支と同じ年が巡ることを転跡殺(てんしさつ)と呼びます。2016年の今年は丙申年ですから、丙申日生まれの方は転跡殺(てんしさつ)に当たります。これは60年に一度巡ってくる年になりますが、その方によって吉凶が大きく分かれるとも言われています。1つの見方には、ご自身の日の柱の下に現れる通変星と12運の影響を受けることが多いです。ですので、日の柱にある通変星がご自身にとって吉星となっていて、そのうえで12運も強いとなるとその1年はその通変星が意味するものの中で良いことが起こると考えられます。例えば、日の柱の下の通変星に食神がある人は、衣食住に関することで良いことが起こったり、女性では妊娠、出産があるかもしれません。財星がある人は特に男性では彼女ができたり結婚となることもあるかと思います。正官があれば仕事上での嬉しいことがあったり、女性では彼氏ができたり結婚するなどがあります。また、自分が2倍になるようなものですから、身弱の方には助けとなってありがたい年になりますが、身強の方には旺じすぎて人間関係でもトラブルが生じやすくなったりします。

余談になりましたが、では丙申日生まれの方の運勢の傾向や吉凶を解説します。

○丙申日生まれ
納音は山下火(さんげか)。天冲絶迹は壬辰と癸巳。空亡は辰巳です。太陽が池の水を照らす様を表しますが、池の水面に照らされた夕日は長く続くことはなくいずれは暮れていきます。栄光も長くは続かず、それだけに幸運期に蓄財をしておくことが肝心なこととなります。

昼に生まれた人は日干を助ける木が必要で、もし木の五行がなければ成敗の多い運勢となりやすいです。例え学力高くても成功するには困難を伴います。夜の時間に生まれた人は波乱が少なく安定した運勢となりますが、冒険心や一か八か的な行動をすると失敗します。夏月に生まれた人は幸運な生まれとなります。命式中に刑・沖・害があると身体の不具合が生じる暗示があります。

この日に生まれた人は2,3番目が多く、人柄的には同情心もあり楽天的で社交家です。幼少期には身体の弱い人もいますが、後々健康体になります。ただし、晩年は動脈硬化や心疾患を患いやすくなります。

蔵干に戊(食神)が現れる人は、経済的には運勢があまり強くはなく衰退しやすいですが命式中に比劫がある場合には再起可能な人となります。倒食や沖または空亡となる干支を持つ命式の人は晩年に苦労する暗示があります。女性では子供のために苦労するかこのような夫のために苦心多くなりやすいです。

蔵干に壬(偏官)が現れる人は、聡明で活発な明るい人で例え生家が貧しくても、自力で発展していける運勢です。中年になってから運命の成敗があり他郷に出る人も多いです。女性では夫との縁がイマイチのことが多く、結婚後も口論が多くなったり再婚の象が出ています。

蔵干に庚(偏財)が現れる人は、実業家として大いに発展が期待できまたは故郷を離れて成功する人が多いです。ただし、命式中に食傷がないと家業が衰えやすくなります。

 - 命式, 生日干支の吉凶 ,