世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 吉田鋼太郎さんの命式を占う!

 

吉田鋼太郎さん(ネットより拝借)
2016年の元旦に結婚されたという吉田鋼太郎さん。ご結婚おめでとうございます!新年早々おめでたい話題ですね。4度目の結婚だそうですが、お相手の女性は20歳以上若い方とのことで男性の方には羨ましいお話かもしれませんね。とてもカッコイイと思うのですがリリーフランキーさんとイメージがかなりかぶってしまう自分です。そんな訳で久しぶりに吉田鋼太郎さんの命式を四柱推命で鑑定してみたいと思います!

吉田鋼太郎さんの命式を占う!

 

吉田鋼太郎(1959/1/14生まれ)さんの日干日支は丙申。12運は病となり五行では土が3つに金と木が1つずつですので、なんとかご自身の火の五行を助ける木がありますが、それ以上に火を漏気する土が多くあることや、日支の申(金)も月支の丑(土)も火を弱めていますから身弱な人であると見れます。

通変星は吉星が多いですね。日支には長生の強さの偏官を持っていますから、精力的にもパワフルで常に動き回っているような親分肌なタイプの方ではないでしょうか。年の柱には食神、正財が並んでいますので祖先はかなり名の知れた名家であったと推察できます。日干の丙が年の蔵干辛の正財と干合していますから、正財を大事にしている、若しくは好きであると言えます。男性にとって正財は女性、父親の意味がありますから鋼太郎さんは女性好きな人、しかも食傷が3つと多いですから女性に優しい男性でもあり命式からは女性との交際が多い方ではないかと伺えます。

女性に優しいのであれば結婚離婚を繰り返すのはなぜだろう?となりますが、大運を見てみますと18歳から28歳までは春の比劫の大運を過ごしています。通変星では劫財となり、正財が命式にある男性にとっては女性を痛めてしまう現象がでてきますのでなかなか良い関係を継続するのが難しいと見ることができます。29歳から38歳までは食神の大運を過ごしていますから財星を強めてここでも異性関係が活発だったように推測できます。

ただし、39歳からは夏の比劫の大運に移り、また比劫と正財のイヤな現象が現れています。ですがそんな時期も数え年で58歳まで。ちょうど今年鋼太郎さんは59歳になりましたし、しかも辛である正財の大運へ移りました。ご自身の日干である丙と干合する辛正財の時期ですから、今度のお相手の方とは良い関係が築けるのではないでしょうか。69歳以降は女性の方の健康面や運勢に少し変化がでてくるかもしれません。

また、別の味方で鋼太郎さんに隠れた女性関係を持ちやすいということが命式上から判断ができます。月支の丑の蔵干中気に辛の正財があります。命式上に財星がなく、蔵干にだけ財星がでる男性は浮気の可能性があると考えられています。もともと女性にモテる要素を持っていて、尚且つ隠れた財星がありますので離婚を繰り返す原因となったと考えられますね。これまでのことはさておき、今度の結婚がうまくいきますようお祈りいたします。

それにしても、吉田鋼太郎さんテレビで拝見する限りではどことなく冷たく影のある雰囲気でしたが、実際はとても優しい方のような気がしました。いつまでもダンディでかっこよく益々ご活躍が楽しみな俳優さんです。

 - 命式, 芸能人・有名人の鑑定