世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 男女の相性 お墓まで一緒!ご縁の深い命式とは?

 

デパ地下のお惣菜デパ地下のお惣菜売り場。見ているだけで楽しくなってしまう自分ですが、ショーケースの中に盛られたお惣菜には、購買意欲を掻き立てるために美味しく見せる技が隠されているそうなんです。その技とは「攻め盛」と呼ばれるテクニックで、平たく盛るのではなく山を作るように高さを出すものです。例えばポテトサラダなどでは一定量をブロックにして並べていき、隙間に彩りのある野菜、パプリカやキュウリの細木りなどアクセントをつけます。この時も横に並べるのではなく縦に指すようにおきます。それを上手に繰り返すことで躍動感のある盛り付けにすることができそうなんですね。ぜひ自宅でも試してみたいですね。

あわしま占い部でも男女の相性については大変多いご相談の一つです。四柱推命鑑定ではお互いの日支同士が支合または三合会局する命式も良い関係でありますし、「宅神」を持ちあう命式も円満な家庭を築ける相性となります。今日は、「宅神」に通じるところのある「墓石」についてお話し致します。

「墓石」とはその名の通り、お墓にまつわることなのですが自分の「墓石」と同じ干支か三合会局する干支を持つ相手とは、同じお墓に入るほどに深いご縁がある相性となります。「墓石」の干支は必ず「宅神」と三合会局する干支にあたります。「宅神」の干は自分の日干と干合する干、「墓石」の干は自分の日干と同じ五行の陰陽が違う干になります。一方地支で言えば、「宅神」の干支と「墓石」の干支は自分の日支と支合する干支と三合会局する干支にあたります。

少々ややこしいのですが(^^;) 例えば日干日支が壬申の人の場合、「宅神」の干は壬と干合する丁になります。「墓石」の干は壬と同じ五行で陰陽が違うものですから癸となります。一方、地支に関しては「宅神」の干支は申と支合する巳と三合する丑。「墓石」の干支も同様に巳と三合する酉となります。

○日干が壬申の人の場合
宅神⇒丁丑
墓石⇒癸酉

お互いの宅神や墓石の干支を持ちあう、若しくは三合する干支を持つ関係となれば、相性は良いことになりますから嬉しいですよね。ただし、命式中に刑・沖・害の関係があったりすればこれら凶の作用も生じてきます。完璧な相性の異性と交際、または結婚することは本当に奇跡のようなことですし、お互い予想できる凶現象を事前に知っていればなんだかんだありながらも継続していくことだってできるわけなんですよね。

誰しもハッピーな時には将来の不安を感じたりすることは少ないものですが、辛い目に遭ったり思うように物事が進まなくなった時に運勢を気にしたりするものですよね。四柱推命とはその命式から将来起こりうる凶事や運勢が衰退する時期などを推測し、それに備えて最悪な結果を招かないようにするための運命学であると感じています。

 - 命式, 相性・異性 ,