世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い それダメ~ッ!ご先祖さまへの供養の仕方

 

お墓参り春のお彼岸ですね。正式には3月の春分の日をはさんで前後3日合計7日間とされています。お墓参りには行かれましたか?命式によっては、たとえ長子でなくても生まれる前からお墓を代々守っていく役目を担って生まれてきている人もいます。そういう立場の人が、ご先祖さまへのご挨拶を怠れば、途端に運勢が衰退してきますから定期的にお墓参りにに行かれてくださいね。

ところで、お墓参りの際に仏様に向かってお願いごとをされていらっしゃる方はいませんか?鑑定をしていても、中にはお墓参りの際にお願いごとをしているという方がいらっしゃるのですが、それダメ~ッ!!です。お墓参りに行った時には、家族が無事で過ごせていることの感謝の気持ちをお伝えしましょう。

これにはきちんとした理由があるんです。亡くなってあの世に行った後も、みな修行をしているんですね。仏様になった後も、より上の位に上がっていかないといけないわけで、せっせと修行をされています。そんな修行中に墓前や仏壇などあの世との窓口を通じて、現世から頼まれごとをされたら、たいした力もないのに修行をほったらかしてでも助けようとしてくれるわけです。そうなると、きちんと成仏もできません。訪問先の取引先でも、いきなり「我が社の○○を買ってもらえませんか?」という人はいないですよね。まずは自分を名乗って、日頃の御礼をするのがマナーですよね。同じように、お墓参りの際にもいきなりお願いごとをするのはなく、無事に暮らせていることに対してありがとうの気持ちを伝えれば、仏様も安心して修行に専念できます。そうして、修行を積んで力をつけた仏様はやがて強い守護神となってあなたを守ってくれるようになるんですね。そうすると、今まで物事がうまく進まなかった運勢も好転してきたり、良い子供に恵まれたりと好いことが起こってくるはずです。

お墓が遠いと余計に足が遠退いてしまいがちですが、お彼岸や暮れにはご家族でお墓参りに行かれてみてはと思います。

 - 開運