世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 藤原紀香さんの命式を占う!その2

 

藤原紀香さん&片岡愛之助さん昨日から今日にかけてアクセス数が急上昇しており、何が起こったのだろう??と思っていたのですが、どうやら藤原紀香さんと片岡愛之助さんの結婚報道が影響していたようです。このブログの芸能人鑑定シリーズで、以前お二人の命式について書いていた記事にアクセスが集中していました。とにかくおめでたい話題で何よりです。ご結婚オメデトウございますっ!

どんな命式だったっけ?と思い、紀香さんの命式を改めて見てみました。プライド・美的センス、アイデアの星「傷官」と男性を表す「正官」と「偏官」が混在している命式でしたね。正官についている沐浴もお父様の家系からの色情因縁を感じますし、全体的に女性にとっては、異性関係で何かとトラブルが生じやすい命式でした。

sponsored link

ただし、紀香さんの場合は傷官である月の蔵干と倒食である年の蔵干が干合して比肩に変わります。これにより、丁の年と壬の年には一時的に傷官が消えますので、傷官と正官の凶作用はなくなると同時に、この丁の年と壬の年の2年においては命式中の二行(木と金)が旺じる命式ともなります。紀香さんの場合は、「金木争戦」と呼ばれる命式ですが、このような命式の方は霊感が強い人や神通力のある人が多いのが特徴です。丁と壬の年には紀香さんご自身が剋される時期となりますから、精神的にも身体的にもアンバランスな状態になりやすく注意が必要です。時間の柱の干支が分かりませんので、はっきり断定できないのと、干合変化による一時的なものですからその影響力は大きくはないとは思いますが、少し気になるところです。来年は丁の年ですので、心のどこかで意識していかれたらよいのかなと思います。

また今年は申年ですが、紀香さんの日支の申と同じ干支です。このように、同じ干支の年が巡る時には暗沖と言って自分の干支と沖する干支を連れてくることになります。申と沖するのは寅です。沖の作用によって寅は申に消されますが、消す方も消される方も双方に悪い作用が起きると考えられています。申と寅の沖には「移動」「離反」「交通事故」などの暗示がありますし、普段の生活ではもちろん、旅行に行くときなども事故やケガには気を付けるべき年になります。

そうは言いましても、お二人とも十分に大人ですし、四柱推命上でも日の柱や月の柱の通変星より時間の柱に出ている星の影響をより強く受けるようになってきます。紀香さんは少し特殊な歌舞伎の世界へ嫁入りするわけですが、彼が居心地良く、良いお仕事ができるような環境を作ってあげてほしいなと思います。お二人の末永いお幸せをお祈りいたします!

 - 命式, 芸能人・有名人の鑑定 ,