世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 悩みの解決法

 

悩み事今日はご相談者さまからの質問に答える形で、四柱推命の鑑定とは別の視点で悩みの解決法について考えてみたいと思います。

悩みの解決法

 
こちらのサイトを通して四柱推命の鑑定依頼をいただき、いろいろな方の命式を拝見していますと、やはり持って生まれた運やご縁、考え方の癖、はたまた因縁といったものまでが、その方の運勢において、恋人や夫婦間、親子や家族間、仕事や金銭面、健康面などの悩みのタネとなって表れてくることは否定できないかなと感じています。何かうまくいかないことがあったり、そのような事が起こるのも本人が悪いわけではなく、そのような運勢を背負って生まれてきたとも言えます。ただ、命式には必ず吉凶が存在し、悪いところのない命式もありませんし、良いところのない命式もないんわけなんですね。恵まれた命式であっても、その好運が破れる時期には危機が生じてきますし、その逆もまた然りです。

悩みや置かれた状況も千差万別ですし、占いが100%解決してくれるかと言えば絶対ではありません。占いを利用するメリットは、その吉凶を鑑定して、好機が巡るタイミングや逆に何らかの心配事の暗示がある年や時期を事前に教えてもらえるということではないでしょうか。ただし、その先のことはご本人の考え方や行動によって大きく変わってくるように思います。いくら悩んでも解決できないことって沢山ありますし、自分以外の人間が関わることであれば尚更にそうですからね。相手の気持ちや行動を無理やり矯正させることなどできませんし、そんな権利もありません。「恋人にフラれた」「親しくしていた友人が冷たくなった」「職場の同僚に先を越された」「希望していた大学に行けなかった」等々。。。悩むというのはそれだけ真剣に考えていることの表れでもあり、それ自体は悪いことではありません。それにより人は成長できるわけですから、何かに躓いた時には一度自分を振り返ってみることは大事なことだと思います。

ただし、たとえ悩みが解決できなかったとしても、それが全てではないと知ることも大切なことのように思います。執着ほどやっかいなものはなく、一つの事に囚われると、そのことばかりに意識がいってしまうなんていう場合は危険ですよ!たった1つの事がうまくいかなかったとしても、人生それだけではないはずで、目を向けるべきことは他にも沢山あるんですよね。完璧主義の人や依存傾向の強い人、周囲の目を気にしすぎる人などが陥りがちかもしれません。本当の悩みの原因は、実はこのような思想から生まれていて、悩みを解決できないことが問題なのではなく、他のことに目を向けることができない、自分にとってのやりがいや幸福を見つけられないことなのではないでしょうか。

 - 命式, 開運