世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 日干の五行と生まれ月の喜忌について ~未月生まれの人~

 

金のキットカット売上日本一のチョコレートって何だかご存じですか?ネスレジャパンホールディングスの「キットカット」だそうです。1935年にイギリスで誕生して以来超ロングヒット商品です。コンビニやスーパーで見かける赤い袋が目印ですが、なんと約300種類もあるそうです。不動の地位を築きながら商品開発に余念のない企業姿勢が人気の秘密なのかもしれませんね。

さて。日干の五行と生まれ月の喜忌シリーズを続けて解説していきます。今日は未月生まれの方の吉凶の説明です。

未月生まれ

 

○日干の五行が木の人
基本的には午月の盛夏と同じ見方となります。日干が木日の未月は、墓庫にあいますので平素病少なく健康です。命中に土があれば財が強く日干と財が共に強ければ常に好運で比劫の運以外は凶災に遭うことは少ないです。

○日干の五行が火の人
夏月は草木果樹その他全てのものが成熟期の途中です。夏の火は猛火となるのを最も嫌うので、水によって調節されることが第一です。日干が火の五行の未月生まれは命式中に正官や印綬があるのを喜びます。「墓庫解沖」と言って未と沖する丑があるほうがよくなります。

○日干の五行が土の人
夏月の土は極旺であり、また乾燥しきっていますので第一に水が必要です。日干が土の五行で未生まれは、月支の精気を受けて旺じます。命式中に財星や官星印星があることを喜び、無い場合は丑の冲を必要とします。

○日干の五行が金の人
未月は猛暑の頃で金は猛火に尅されて気力がありません。そこで日干を助ける印星の土を第一に必要とし、次に金の比劫を欲しがります。日干が金の五行で未月生まれも命中に財官印星のあることを喜びます。もしそれらが無い時は丑の冲を要します。

○日干の五行が水の人
水日の冬月生まれは水が氷結して流動性を欠きますので、第一に火の暖が必要です。壬日は羊刃格、癸日は建緑格となります。壬の人は土の官星を喜び、癸の人は財星と偏官を喜び正官を嫌います。

 - 十二支, 命式