世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 家庭不和を招く破宅神の破壊力

 

家ご訪問ありがとうございます。携帯メールから鑑定依頼をお送りいただく際に、gmailからのメールを受信できるよう設定いただけますようお願いいたします。昨日と一昨日ご連絡いただきました方、当方から折り返しご連絡させていただきましたが、エラーで戻ってきてしまいました。お手数ですが何卒よろしくお願い申し上げます。

今日は鑑定いただいた方の中でも、度々登場する「宅神」と「破宅神」についてコメントいたします。私の家族や親しい友人を見ましても、他の通変星や12運の影響に関係なく、非常に高い確率で当てはまっているのが宅神と破宅神です。宅神や破宅神については、以前も記事にしましたが、もう一度ご説明いたします。

その名の通り、家屋や家庭内の環境を占いますが、命式中の月支に宅神と同じ十二支か宅神と三合する十二支を持つ場合、円満な家庭を築ける、或いは自分の家を持つことができるとみることができます。夫婦や恋人同士でも宅神の十二支を持つ関係では、仲が良くお互いに一緒にいて心地の良い関係であります。一方、命式中の月支に破宅神と同じ十二支か破宅神と三合する十二支を持つ場合、もし、自分名義の家(土地ではなく家屋)を持てば、結果的にその家を失うことになったり、自分が借金で苦しんだり、或いはその家屋内で落ち着くことができず、家に帰りたくない生活となったり、自分の意志とは関係なく多忙、転勤や単身赴任で家を不在にするような生活を送るとされています。女性の命式で破宅神を持つ場合、夫名義の家屋では安定した結婚生活が送れず離婚したり、結婚前では婚期を逃したりする場合もあります。愛人やお妾のような立場の人は、逆にこの星によって安定した生活を送る人も多くいます。

名義を変えるというのは、財産権も絡む話ですからそうそう簡単ではございません。家庭にによっては夫婦関係に悪い影響を及ぼしかねません。こういったことは、交際中のまだアツアツな時期に話しておくのが良いのですが、そのような時には宅神だ破宅神だなどとは考えもしないものです。大運や徴候用神のお蔭で無難に過ごせている時期はよいですが、運勢とは意地悪なもので運気が変化してくるタイミングで嫌な星が働きだしたりもするんですよね。ーー” 破宅神の破壊力は大きいです。財や家屋を失うだけでなく身体までも破壊しかねません。賃貸だけでなく購入する時には名義の件、考慮していただきたいなと思います。

 - 命式