世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 日干の五行と生まれ月の喜忌について ~戌月生まれの人~

 

逆立ち便秘に悩む女性は多いと思うのですが、私もその一人です。善玉菌を増やすためにオリゴ糖やビフィズス菌をせっせと摂取しておりますが、解消しないときにはしませんね。最近発見した便秘解消法は、逆立ちです。逆立ちはかなり勇気がいりますが、内臓を上げるような姿勢を1日数回行いながら、プルーンなんかを食べるとグルグルしてきます。お金をかけずにできますので便秘に悩んでいらっしゃる方は、一度お試しください。

今日は日干の五行と生まれ月の吉凶シリーズ。戌月についてブログにします。

戌月生まれ

 

○日干の五行が木の人
戌月は秋冷の頃となり、木は生気を失い枯れ木同然です。命中に水が多くあれば寒さを増して凶となります。日干が木の五行で戌月生まれ人は金と水の五行を嫌い火と土の五行を喜びます。正気の人は、月支財星が現れますから命式中に刑冲害があるのを嫌います。初気や中気の人は辰の冲を喜び、冲や刑があれば必ず開運します。そして比肩や劫財を嫌うのは命中にあっても行運に巡ってきても同様です。

sponsored link

○日干の五行が火の人
秋深く涼しさが増して火の力が弱っています。そこで火があって木もあれば火の勢力を増して盛り返します。日干が火の五行の戌月生まれは、長命です。命中に財星があるのを喜びます。若し時上だけに偏官があれば晩年は栄達する暗示があります。命式中に財星が無ければ福力が薄く、身旺となるか財星の運が来た時に発展します。

○日干の五行が土の人
戌月は秋の土用ですので弱らずに却って強いと見ます。そして火と土があることを喜びます。月支に印綬の現れる人は正財の運は凶となり、冲となることも嫌います。

○日干の五行が金の人
秋冷の頃であり金の季節であっても寒さに向かいますので、金は冷えて脆くなっています。そこで水を嫌い木と火を喜びます。初気の生まれは比劫が現れますから辰の冲を喜びます。辰の冲があれば吉が多く却って良いです。もし冲がある命式では沖を解く支合や三合を嫌います。冲が無ければ冲の行運に開運するかその切っ掛けの年になります。

○日干の五行が水の人
秋冷の頃で水の力が強くなります。寒さも加わるので火の暖を喜びます。木が多ければ土、土が多ければ木、金や水が多ければ火と土を其々に喜びます。財・官・印の何れかが月支に現れますがその何れであっても身旺を喜び、身弱の人は印星の運が来れば発展します。

 - 十二支, 命式