世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 2016年の運勢をチェック!~日干から見た傾向と注意点その2~

 

2016年申年昨日の2016年の運勢の続きです。日干と年運の干支によって割り出される通変星から2016年の運勢を占います。

丙(ひのえ)日生まれの2016年の傾向
日干が丙の方は今年は通変星では比肩の年になります。日干が弱い人には、自分を強めてくれますので心身ともに活動的で良い1年になることが期待できます。特に中心星に比肩が出ている命式では、2016年は独立や開業、業務拡大などの機運が高まりますし、それらに適した時期でもあります。ただし、比劫が多くある場合は少々異なってきますが。比肩の年月は結婚や金銭面では良い結果が得難い時期ともなり、特にこの年に結婚した夫婦は後日破れやすい相性のカップルが多いのも特徴です。ただし、相性の良いカップルや養子などの場合には、この限りではありません。

丁(ひのと)日生まれの2016年の傾向
日干が丁の方は、今年は劫財の年にあたります。自我が強くでやすい年で、比肩と同様に独立や開業或いは共同事業を始めたくなる年ですが、後日共同相手と論争したりトラブルが生じる暗示があります。既婚者であれば男女ともに異性の問題が起きて夫婦ゲンカが増えたり、または男性であれば妻か父親が病気になることも考えられます。特に中心星正財がでている場合には、要注意で一時的には収入を得ても結果は大損。詐欺盗難、色欲で大失敗する暗示があります。

戊(つちのえ)日生まれの2016年の傾向
日干が戊の方は、今年は倒食の年になります。命式中に食神を持つ方は、事業の損失があったり、悪くすれば事業倒産、また健康を害したりするなど特に仕事上や健康上においては要注意な1年となります。趣味や習い事、自己啓発など自分への投資には相応しい時期です。一方で、ビジネスや商売は然程期待できる年ではなく、思わぬ金銭的損失があったり、身内や他人からの頼まれごとや問題が発生しやすい年です。自分に出来る人の世話は出来るだけするように心がけると開運につながります。

己(つちのと)日生まれの2016年の傾向
日干が己の方は、今年は印綬の年になります。特に月支に正財が出ている命式では、母親、義理母の運を破る年ともなり、母の身に何か起こったりその他のトラブルが生じやすくなります。冠婚葬祭に関することを経験しやすいという性質もあります。未婚者にとってはお見合いも最適な時期です。また、他人からの引き立てや助けを得られる年でもあります。ただし、月支が傷官の命式では、計画や目的がはずれ易くなり仕事の関係から家庭を破ったり、子供の件で失敗や住所の変動の暗示があります。月支に偏官を持つ命式では、今年は社会からの信用が増し引き立てを受けて順調に進む暗示があります。

sponsored link


庚(かのえ)日生まれの2016年の傾向
日干が庚の方は、今年は偏官の年になります。官星は男性や仕事の意味がありますので、女性では恋人が出来たり交際していた相手との結婚が決まるなどが期待されます。ただし、命式中に傷官がないこと、刑・沖・害になっていないこと、12運が強いことが前提ではございますが。男性では、あちこち飛び回るほど仕事が多忙になったり、昇進や名誉を得ることも期待できます。ただ、あまりにも多忙な生活やストレスから体調を崩しやすい時期ですので健康管理はしっかりされてください。命式中に食神があれば良いですね。

辛(かのと)日生まれの2016年の傾向
日干が辛の方は、今年は正官の年になります。偏官同様に男性の星ですから女性では異性運アップの機運となります。ただし、傷官を持つ女性は注意が必要です。傷官特有の悪さが働かないように言動は控え目に優しく、リラックスした生活を心がけるなど少し意識して過ごされてみてください。仕事上では地位の昇進、昇給、希望していたプロジェクトに就けるなどが考えられます。特に命式中に偏財があれば男女ともに仕事、恋愛アップの時期ですから、チャンスは逃さぬように!ただ、男性でも、傷官がある命式では、肩書に傷が入ったり部下や職場の人間関係のトラブル発生の暗示がありますから慎重に。

壬(みずのえ)日生まれの2016年の傾向
日干が壬の方は、今年は偏財の年になります。財星ですから、営業利益の拡大や給与や報酬アップが期待できますし、投資などでも利益を上げられる1年となりそうです。男女ともに結婚機運が高まりますしね。命式中に食神がある方は更に金銭、恋愛に良いと思いですね。一方、中心星に比肩が出ていたりする男性は、ケンカや破局など異性トラブルがチラつきますから注意してください。偏官があれば、財星に強められて地位の昇進、昇給など仕事運もアップしそうです。特に中心星に正財がある方は、金銭面では順調ですが、無理を重ねて体を壊さぬようにしてください。

癸(みずのと)日生まれの2016年の傾向
日干が癸の方は、今年は正財の年になります。偏財同様に財運アップの期待ができる1年です。男性も女性も結婚に向けて前進したり、異性との交際も順調に進みやすい年です。中心星に劫財が出ている男性は、既婚者では妻の健康が悪化したり、離別死別など経験するかもしれません。仕事上でも損失が出たり、父親の身に災いが生じやすくなりますから、今年は極力大人しくしている方が良い時期です。中心星に印綬が出ている方も、縁談が破れやすい1年です。中心星に官星がある方は、金銭、仕事、恋愛では好機のときです。

ざっくりではございますが日干ごとの2016年の運勢を占ってみました。基本的には通変星とその12運の影響の現象が表れやすいです。他の星の並びによっては必ずしも吉星だから良い、凶星だから悪いとも言えないのですが、大別すれば吉星と凶星それなりの現象が出てきやすいと考えられます。まだ2016年始まって3か月ちょっとです。理想的な1年にできるよう日々精進してまいりましょう!^6^/

 - 今年の運勢, 命式