世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 異性トラブルが心配な人の命式

 

イチゴ先週辺りから朝晩グッと冷え込んできましたね。ユニクロのヒートテックシャツの出番です!あの商品、ほんとうに優れものですよね~。冬はあれなしでは過ごせないくらい愛用しております。季節の変わり目体調には気を付けてください。^^/

ここ暫くず~っと鑑定が続いてブログも放置しておりましたが、ようやくひと段落ついたので今日はここ数日多かった、異性関係の問題で苦労しそうな命式について紹介してみようと思います。異性関係の悩みといっても、良いご縁に恵まれないという方もあれば、浮気をされる、二股をかけられてしまうという方もあれば、いつも妻や夫がいる相手を好きになってしまうという方など、さまざまだと思います。男性の命式では、財星(正財や偏財)が女性を表しますし、女性の命式では官星(正官や偏官)が男性を表します。命式中に「正財」や「偏財」がない男性は、もともと女性とのご縁が薄いですし、反対に官星がない女性も男性とのご縁は薄いと言えます。財星を生む「食神」や「傷官」、官星を生む「正財」や「偏財」があれば、多少は違うようにも感じますが、それでも基本的には異性運は強くはありません。ただし、干合する命式や三合して異性の星が出てくる方は、一時的にでも異性運が強くなりますし、勿論、大運で財星が巡っていれば違ってくるとは思うのですが。以前は財星や官星がなくても、それらを生む星があれば異性とのご縁も弱くはないと大目に見ていたりもしましたが、やはり財星や官星がない命式の方は弱いと言わざるを得ないですね。実際にそのような命式の方の相談は、異性とのご縁についてのご相談が多いのも事実です。でも、そんな命式の方でも、行運で財星や官星がやってくるときには大いにチャンスですから、そのタイミングを逃さないようにアンテナを張っていることが大切です。

一方、異性との出会いには不自由することなくても、何かしらのトラブルが生じやすい方もあります。特に女性の場合、「正官」と「偏官」が混在している命式では「夫が変わりやすい」という性質を持っていますので、多くの場合、結婚も一度で済まなかったり、再婚の夫と結婚するということも多いです。また、12運で沐浴がついている方は、モテるが故にトラブルも多くなりがちですし、絶がついている方も上手くいっていても結果的に成就しない傾向が強いです。この沐浴という星は12個ある星の中でもある意味特異な星で、出てくる場所によっても異なりますが、多くは色情関係の事柄(先祖の色情因縁)が現れます。

sponsored link

その他に三角関係の星とも言われる、「劫財」「傷官」「倒食」の3つが揃うか、これらのいずれか2つが揃う命式でも不倫や二股などの三角関係を持ちやすいです。基本的に「劫財」は財を奪う、人の物を奪うという意味があります。これは、「劫財」の位置にも因りますが劫財を持つ人は無意識の中で自分から仕掛けてしまう場合もあれば、いつの間にやらそんなことに巻き込まれてしまう場合もありますが、奪う奪われるといった事柄が生じやすい人でもあります。異性運とは関係ないですが、「劫財」「傷官」「倒食」にプラスして「偏官」が加われば、七殺全影格と言って運が悪ければとことん悪く、良く成れば全てが良くなると言われています。全て凶星ですから一筋縄ではいかない、癖のある人物となりやすいとも言えます。ただし、この辺りの件は人によって大きく異なり、親からの教育や育った環境によって、雲泥の差となって表れてくるのだと思うのですが。

また、女性の命式で月の柱に正財と偏財が重なる人は、女性好きの男性を好きになる傾向にもあるようです。本人も交際が広く遊び上手な人でもありますから、自ずとそんな男性との縁も生まれやすく、惹かれてしまうのかもしれません。

命式中どこにどの星が現れるかというのは、偶然のようですが必然でその人の性格や癖、運勢となって現れてくるのでしょう。そこから取り繕えない、否定したくてもできない、見せかけの姿からは分からないことが見えてきてしまうんですよね。それを活かすも殺すも自分次第なのかなって思います。

 - 命式, 相性・異性