世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い あなたの配偶者や恋人との相性は? その1

 

今日はお出かけ日和な気持ちの良い天気ですね。”OTONA RANDSEL”(おとなランドセル)ご存知ですか?ランドセルと言えば子供が使うものと思いきや、大人用のランドセルが今日から発売されるそうです。制作しているのは土屋鞄製作所です。革製品ではとても有名ですが、ビジネスマンにも人気がでそうなオシャレな鞄ですね。

sponsored link

今日は四柱推命占いでの夫婦の相性鑑定についてお話いたします。交際中のカップルでも結婚後の夫婦の姿が見えますので男女の相性鑑定では度々チェックするポイントとなります。

男女の相性「干合・支合・三局」でもご説明いたしましたが、相性を占う際に重要なのはお互いの日干日支の関係です。結婚生活がうまくいく夫婦の相性は次の3点をクリアしていることが条件となります。

1.男性の日干から見て女性の命式中に財星となる五行があること
2.女性の日干から見て男性の命中に官星となる五行があること
3.お互いの生日支と同じ十二支か支合・三合会局する十二支が相手にあること

これらの3つの条件のいずれかが欠けている場合、夫婦としての縁は薄いという鑑定になります。ですがこれらの3条件が揃っていても刑沖害の関係であったり、いずれかの通変星が多すぎたりすれば成り立たないこともあり、逆に3条件が揃っていなくても大運や行運などでこれらをクリアしているとき等に成立することもあります。

男性が陽干日生まれで女性が陰干日生まれが望ましいですが、反対の場合、または男性から見て女性の命式に官星、女性から見て男性の命式に財星があるような場合には逆縁となり家庭では妻が主導権を握るようなカカア殿下的な夫婦となります。

上で述べた3の日支の関係は互いのSEXの相性を表しますので刑沖害しているときには体の相性も合わない相手となり、このような夫婦は相性だけでなく健康面でも影響しあいますので、どちらかが病に倒れるとか最悪のケースでは死を招くなどの現象も起こりえます。

そうは申しましても、現在のお相手が相性がよろしくないカップルの場合でも対処法もございますので絶望されることはございません。信仰心を大切にご先祖様の供養を忘れず行うこともその対処法の一つでもあります。四柱推命ではこのように神仏に一歩足を踏み入れる学問でもあるんです。もちろんあわしま占い部では、怪しい商品を売りつけるようなことは一切行っておりませんよ!

夫婦の相性鑑定の続きはまた別の機会に。

 - 命式, 相性・異性