世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 日干が干合する人 その2

 

お味噌汁の具は何がお好きですか?私は最近トマト味噌汁にはまっています。意外な組み合わせかもしれませんが、イケるんです!湯むきしたトマトを刻んで普通にお味噌汁を作る要領でできます。酸味が強い時は種を取るかモッツァレラチーズを入れてもGOODですよ。簡単ですのでぜひ試してみてください!

sponsored link

前回に引き続き日干が干合する人について解説いたします。干合とは命式の中で特定の陽干と陰干が結合して別の干に変化するという現象です。特に日干が干合する人は2面性がある人でもあり、干合前と干合後の命式を見比べながら鑑定する必要がありますのでそれだけに複雑であるとも言えます。私も日干が干合する命式ですが、干合していることを意識したりすることはなく、無意識に水の性質になったり木の性質になったりしているようです。なんだか不思議ですよね。

干合には5種類ありますが、今回は残りの2つの干合についてみてまいります。

日干が丁か壬で、他の天干と干合する場合
この干合は淫慾の合と言われ、情に流されやすく人の言いなりになったり迎合しやすい性質です。命式に木があれば、芸術的センスが高く大きな名声を得られる人が多いようです。年や月の柱に水や水を含む金があれば発展、成功できる人です。丁日生まれで干合する人は精神繊細でデリケートな人、男性でも女性的な雰囲気を持つ傾向があります。

日干が戊か癸で、他の天干と干合する場合
この干合をする人は外見は華やかで、気分屋なところがあり年齢より若く見られる人が多く、若い時は年配の人と年齢が高くなれば若い人との結婚運があります。戊日生まれの人は明るく朗らかですが、あけっぴろげな性格となりやすく、癸日生まれで干合する人は考え方に偏りがあったり、嫉妬深い面がある人が多いです。

四柱推命占いにおいて、干合する命式では男女の相性はもちろんですが、その人物の性格や徳分だけでなく三角関係のトラブルが見えたり、結婚相手となる相手の像などを占ったり鑑定ではさまざまな手法で干合を使います。日干と他の天干の干合だけでなく、日支の蔵干で特定の干合をする場合にもそれぞれの意味があり、干合がどこかにないか鑑定の時には命式とにらめっこです。

干合についてはまたこれからも追加していきます。

 - 命式