世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 男女の相性の定め方

 

先日初めてペットショップ屋さんに立ち寄ってみました。我が家はこれまでペットとは無縁でしたが、やっぱりかわいいですね。半目を開けた寝顔と肉球のプニョプニョ感にとっても癒されました。でも、そのお値段なんと、60万円。残念ながら自宅ではペットの癒し効果は味わえなそうです。

sponsored link


夫婦でも恋人でも親子であっても、自分以外の他人との接し方には最低限の気遣いは必要です。そんな他人であっても、気遣いを意識せず一緒にいて落ち着く相手とそうでない相手っていますよね。今日は男女の相性の良さの定め方を四柱推命占いの観点で解説いたします。

まず、男女の相性はお互いの日干が干合していることが最高です。それを踏まえて、次の順で相性を測っていきます。

1.干合していて、男性からみて女性が正財であり、女性からみて男性が正官である関係
2.干合していて、男性からみて女性が正官であり、男性からみて女性が正財である関係
3.干合はしていなくても男性からみて女性が正財であり、女性からみて男性が正官である関係
4.干合はしていなくても男性からみて女性が正官であり、女性からみて男性が正財である関係
5.干合はしていなくても男性からみて女性が偏財であり、女性からみて男性が偏官である関係
6.干合はしていなくても男性からみて女性が偏官であり、女性からみて男性が偏財である関係
7.お互いの日干が同じ関係
8.お互いの日干が同じ五行で陰陽が異なる関係

上の1から8の順で相性の良い相手の条件ということになります。日干が自分の命式の中で干合する人は、干合した後の日干も判断のポイントになりますので、相性の幅が広いということになるかもしれませんね。

四柱推命の流派によっては、隣り合った五行の相手を相性が良いという先生方もいらっしゃいます。相生の関係のためそのような見方になるのかもしれません。まだ四柱推命を勉強していた時に私も同じことを師匠に尋ねたことがあったのですが、その判断をばっさり否定されておりました。

因みに、凶の組み合わせはお互いの日干が倒食と食神になる関係、傷官と印綬になる関係になりますが、その他「仇讐殺」や「天冲絶迹」の関係もよろしくない相性です。これらはまた別の機会に解説いたします。

 - 命式, 相性・異性 ,