世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命で運勢を占う! 生日干支が丙寅の人

 

3連休スタートですね。やはり休みが3日あると休んだ~という気がしますよね。今日は60干支の3番目の干支、丙寅の日に生まれた人の性質について解説いたします。

sponsored link

○丙寅日生まれ
納音は炉中火(ろちゅうか)。天冲絶迹は壬戌と癸亥。日の出の太陽が谷を照らしている状態で、太陽が寅の地平線上に姿を見せた象です。この日生まれは長子か末っ子が多く、命式に三合となる午があれば、豪勇明朗な運勢となりやすいです。性格的には理性的で温厚なのんびり屋タイプが多く、また寅と支合する亥があれば、活力を得て力のある運勢となる暗示があります。

反対に、寅と沖の関係の申があれば変転や移動が多く常に走り回っているような忙しい運命となりやすいです。命式に甲寅がある場合は文筆の才能に恵まれ名声を得られる人もあり、健康で長寿の星になります。ただし偏官が命式にある男性は、家庭内では孤独となったり、女性で偏官があれば生活が乱れる可能性がありますので注意が必要です。

蔵干に戊(食神)が現れる人は、誠実で真面目、寛大な心の持ち主の人が多いです。学力も高く周囲からの信望も厚い人となり、生涯大きな困難に合うこともなく幸運な人生を歩める運勢の持ち主です。女性は良い子に恵まれる暗示があります。

蔵干に丙(比肩)が現れる人は、幸福な家庭に生まれ自分自身も幸多き人生となる人が多いです。男性は妻から内助の功を受けることができますが、他に劫財があれば夫婦仲に問題が生じやすくなります。

蔵干に甲(倒食)が現れる人は、学術、芸術、宗教、医師など倒食を生かした職業につくと大きな発展をみることができます。片親との縁が薄い人や小さい頃から他家で養育され幸福になる人もあります。

 - 命式, 生日干支の吉凶