世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命で運勢を占う! 生日干支が丁卯の人

 

連休2日目は肩こり解消にリンパマッサージと骨格矯正を受けてきました。自分でもストレッチしているつもりでも、相当張っていたようで、明日は揉み返しになりそうです。

sponsored link

本日は60干支の4番目の干支、丁卯の日に生まれた人の性質について解説いたします。

○丁卯日生まれ
納音は炉中火(ろちゅうか)。天冲絶迹は壬戌と癸亥。香木と称され、香木は香炉の火によってその香りを放つと考えられます。由緒正しい上流家庭の人と交流してその引き立てを得ることができ、それにより名声を得る可能性があります。ただし、壬か癸の官星があればよいですが官星がない場合は、物事の達成が難しくなりがちです。秋月、冬月生まれは安泰な人生を歩む暗示があります。

この日生まれは2,3番目の生まれが多く、性格的には大人しく、物事に対して消極的な面があります。また、熱しやすく冷めやすい人が多く永続性に欠けるところがあるようです。女性は美人で色気のあるタイプが多いです。命式中に沖となる子がある場合、女性は子宮系の病気になりやすいので注意が必要です。

蔵干に甲(印綬)が現れる人は、両親が聡明な人で家庭も盛運な頃の生まれですが、家業を営む家系の場合自分の代になって事業内容を変更する暗示があります。

蔵干に乙(倒食)が現れる人は、学術、芸術の才能に恵まれ医師や教師などそれらを生かした職業では発展できる運勢です。しかし、従事する仕事によって生活上の苦労が多く倒産などの憂き目にあったり自暴自棄となる傾向があります。

 - 命式, 生日干支の吉凶