世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命で運勢を占う! 生日干支が戊辰の人

 

最近、一口食べたら止まらなくなるほど美味しいパンを売っているパン屋さんを発見しました。世田谷区三宿にあるブーランジュリー・ボネダンヌ。フランスで修業されたシェフが焼くパンは、素材重視のシンプルなものが多いです。フランス産小麦を使った全粒粉パンは中の生地が空気の穴が沢山あって、モッチモチ。何もつけなくても小麦の味だけで十分美味しくて、困っちゃうくらい食べ過ぎてます。

sponsored link


本日は60干支の5番目の干支、戊辰の日に生まれた人の性質について解説いたします。

○戊辰日生まれ
納音は大森木(たいりんぼく)。天冲絶迹は庚戌と辛亥。山谷に流れる細い水流の意味があり、戊は乾いた山土であり山ともみます。辰は申子辰の水気の三合会局の土となり、蔵干には乙の木と癸の水を含んでいます。

岩からにじみ出た水が次第に集まって細い流れとなり、山肌を縫うようにしてできた流れは枯れる事はありません。その乙と癸は日干から見れば、正官と正財になり幸運の持ち主であります。

辰を沖する戌と自刑となる辰が命中にあるのを嫌います。春月、夏月生れは日干が強くなる行運や大運が巡ってくれば困難に打ち勝つ気力を生じ、事を成し遂げやすく、秋月の生まれは水の行運が巡ってきた時に幸運となりやすいです。若い頃は苦労が多く大器晩成型の人が多いです。

この日生まれは3人姉妹や3人兄弟などになりやすく、大人しい性格ですが多少強引なところと、一か八か的な大きな希望を持つ傾向があります。野心家とは成らず、分相応な生活を望みますが、警戒心が強くそのために気苦労が多いです。

結婚にトラブルが生じやすい暗示ですので、自分の日支と支合若しくは三合する日支か月支を持つ相手と結婚することが望ましく、そうでない場合は再婚となることが考えられます。

蔵干に乙(正官)が現れる人は、賢明な人で名声や資産、良い子供に恵まれ、女性であればそのような男性との縁があり幸福な人生を歩む人が多いです。

蔵干に癸(正財)が現れる人は、自分の実家より良い家柄の相手と結婚し、結婚後も夫婦協力して家運発展が期待できます。

蔵干に戊(比肩)が現れる人は、身内を大切にする人で、若い時期には苦労多くなりがちですが、努力して中年期以降に身を結ぶ人生となりやすいです。

 - お気に入り, パン, 命式, 生日干支の吉凶