世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 音楽家YOSHIKIさんの命式を占う!

 

2018年戌年
新年明けましておめでとうございます。そしてブログへのご訪問ありがとうごぞいます。昨年の振り返りもままならぬうちに年が明けてしまいました。今年は益々依頼者の方にとって如何に困難が少なく、人生を生きやすくするためのヒントを提供できるよう更に精度の高い鑑定を目指してまいりますので本年もどうぞよろしくお願いいたします。

三が日はゆっくりできましたでしょうか。わたしはお陰様で今年はのんびりと穏やかなお正月を迎えることができました。

さて。お正月恒例番組の「芸能人格付け」はご存じですか。ミュージシャンのGACKTさんが連勝を続けているやつです。今年はGACKTさんの相棒として同じくミュージシャンのYOSHIKIさんが参戦されていましたが、彼の審美眼もまた一流であることを垣間見ることができましたね。今日はそんなYOSHIKIさんの命式を占ってみたいと思います!

YOSHIKIさん(1965/11/20生まれ)は今年2018年は数え年で54歳になるのですか!!(驚)近頃良く見かける「ジェンダーレス」な男性の先駆け的存在なのでしょうか。美意識の高さにはほんとうに頭が下がります。見習いたいところです。彼の日干(=自分)は「土」の五行の戊(つちのえ)、日支は寅となります。戊も寅も陽の干支ですから力強さがあるわけですが、インタビューなどの物静かな口調、女性的な印象とはかなりギャップを感じます。ただ、実際にはステージ上であれだけの力強いパフォーマンスをこなすには相当の体力と気力が無ければできないわけで、本来彼の持っているエネルギーの強さの表れでもあって納得もいきますね。五行のバランスはそこそこ平均していますので良いです。

この日生まれの方の性格は気迫も十分、アグレッシブな行動が多く志も高くある意味野心家です。実際に事に望めば言葉数が多くなりやすい欠点がありますが竹を割ったようなさっぱりと潔い性質の人です。細かな心遣いや目上の人に対して歯向うようなことがなければ相当な発展が可能な人でもあります。気性も強く泣き言は言いませんが、それだけに自我を押し通そうとするところがあって何につけても常に腹案を持っています。

YOSHIKIさんのお父様の家系はもともと血筋の正しい良い家柄の方ですね。正官を印従しますと沐浴が出ますので相続の件などでトラブルがあった暗示がありますが。本来であればYOSHIKIさんはその遺徳を受けて福寿に厚い方となりますが、年支の巳が月支の亥によって沖されているのでその働きが消えてしまっています。このような方は、血統は良くても生活上の苦労を経験することになったり、或いは月支(=母親)が年支(=父親)を消していますので、両親が不仲である暗示にもなります。一方で、日支の寅と月支の亥が支合しています。命式中に沖する干支があって、その1つが他の地支と支合している場合には解沖(かいちゅう)と言って沖の現象が働かなくなるとも言われてはいますが、実際には多少の沖の現象は免れないでしょう。亥と巳の沖では移動が多く不安定、離反離別の現象となって現れてきます。YOSHIKIさんはお父さまとは不仲であったか、又は身内に争いやトラブルを抱えやすい命式ですがお母さまとは良い関係だったような印象を受けますね。母方の家系の守護神も見えています。

sponsored link

YOSHIKIさんはご自身の命式を上手に活かしていらっしゃる方ですね。彼の命式には年の下に食神が1つありますが、それ以外の通変星は全て財星を弱める星が並んでいますので所謂一般的な商売(物品販売)や事業経営には不向きな方となります。それぞれの地支の蔵干にも財星を強める星は弱いですし。反対にこのような方はミュージシャンや芸能、マスコミなどの人気商売にはもってこいの命式です。日の柱の倒食と12運に出ている絶という星はどちらも「人気」を表しますので、ファンや顧客を掴むような職業に従事する人には絶対に欲しい星です。絶を印従すれば長生という星が出てきますが、これが意味することは技芸に長じる才能があってそれによって大成する運を持つ人であること、好運児であるということです。このような方はどちらかと言うと支配人タイプで彼の周りが彼にとって都合の良いように動いてくれるようなところがあったりします。別に彼が意識してそうさせているわけではなくても、結果的には意図したように物事が動いているといった具合です。ですから中にはそれを面白く思わない人物もあるかもしれませんが。冒頭で挙げた格付け番組ではYOSHIKIさんご自身がワインのプロデュースもされているということでしたが、彼の「人気」を使っているから良いのであって、もし例えば彼が一般の商社マンとしてワインの輸入業をしたとしてもなかなか芽が出なかった可能性が高いと感じます。

生まれた時刻が分かりませんが、もし15:00から17:00の生まれだった場合、時支には申が出てきて「四生純全格」が成立します。もし、この格が成立すれば彼の場合は破格となる命式でもなく聡明な人物となって政治家にでもなれば相当な手腕の持ち主として活躍も期待されますし、富と名誉を握ることのできる人物となります。ただし、日支の寅と沖する申年には色情トラブル、離反(離別)、交通事故やケガには注意が必要になります。(格が成立しなくても申年は注意)

大運を見ますと実際にはそこまで強い火ではありませんが、64歳までは調候用神である夏の火の大運が巡っていますので良くも悪くも彼の個性が発揮できる運気が巡っています。そのルックスと音楽の個性的なセンスを十二分に活かしていらっしゃると言えますね。75歳以降は本格的な官星の大運に移りますので少し健康面が心配ですが、それまでは安泰な方ではないでしょうか。これまで彼の音楽はほとんど聞いたことがなかったのですが、先日のお正月の番組を拝見して勿論カリスマ性を備えた方だとは思いますが、なんとなくおちゃめな印象を受けました。今後もミュージシャンだけでなくマルチなタレントを発揮して益々のご活躍応援しております!

 - 命式, 芸能人・有名人の鑑定