世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 剛力彩芽さんと前澤友作さんの相性を占う!

 

風鈴今年の夏は朝から晩までうだるような暑さでしたが、今日の東京は一転、半袖では寒いくらいの陽気です。干からびきっていたので多少の水は欲しいところですが、今接近中の台風は関東エリアを激しく襲う予報が出ています。ほんの少しの油断が思いもよらぬ結果を招く要因にもなりますので、くれぐれも気を付けましょう。

さて。今日は有名人の相性鑑定をブログにしようと思います。近頃SNSで物議を醸している、剛力彩芽さんと前澤友作さんのお二人の命式を四柱推命で占ってみたいと思います!

まずは剛力彩芽さんから。お二人とも生まれた時間が分かりませんので三柱で鑑定します。剛力さん(1992/8/27)の日干(=自分)は「木」の五行の乙、日支は亥となっています。彩芽さんというお名前が日干の「木」(=植物、草花など)を連想させますが、彼女はそこまで日干自体も強くありませんので、この彩芽さんというお名前が日干を強めてくれて良い感じですね。私は姓名鑑定は専門ではありませんが、四柱推命でも名前って結構重要だったりします。苗字や名前を「木」「火」「土」「金」「水」のいずれかに分類してみて、それが日干を助けていれば有難かったりするわけです。山田さんだったら「土」の五行となりますし、中川さんだったら「水」の五行になるといった具合です。特に、芸能人のように常日頃からサインをするような方は、その効力も強くなってきます。

五行は比較的平均していますので結構です。中心星の正官は女性にとっては異性(=夫や彼氏)を表しますが、同じ官星の偏官とは対照的に地位や名声、肩書のしっかりした男性、相続人となるような男性という意味があります。正官は綺麗な星なので、品位もありスマートな男性といったところです。日干がその正官と干合していますので、剛力さんがそのような男性を好む傾向にあり、実際にそんな男性ともご縁がある方でしょう。ご両親が名家のご出身だったり旧家だったような良い命式をされていますので、剛力さんは名家の御嬢さんなのではないでしょうか。ご先祖さまの中には人の上に立つような(指導者)方がおられて、その恩恵を受けています。年上と日柱には印綬があって、通変星も見事に吉星ばかりが揃っていますね。更に、正官が破られていませんので衣食住にも恵まれ、運勢的にも上々ですし、人柄も良いかたでしょう。このような命式は、お人好しな人が多いので騙されたり出し抜かれたりなんてことのないよう少し注意したいところです。

彼女の様に乙日生まれの方には、命式に劫財(=甲)があることが望ましいのです。乙は甲の大木に巻き付いて成長していくという考えからですが、日支の亥の蔵干には中気に甲の劫財があって、いざというときには自分で自分を成長させていくことのできる人でしょう。気になる点としては、年支と月支に申があって、暗沖していることと破宅神を持っていることです。命式中に同じ十二支がありますと、「暗沖(あんちゅう」と言って “暗に沖する干支を引っ張ってくる”ことになり、申と沖する寅年に禍が起こりやすくなります。申と寅の沖では、離別、離反、交通事故やケガなどの暗示がありますので気を付けてください。それから、中心星が正官の方にとっては傷官の年も仮破格となって要注意です。剛力さんはちょうど来年に傷官の年が巡ってきますので、異性関係のトラブルが生じやすい暗示となります。なんかイヤな感じですね。イライラしやすく余計な発言で彼氏や夫を怒らせたり、それによって破局を招きかねないので言動にはくれぐれも気を付けましょう。因みに、来年の結婚もよろしくありません。

破宅神に関しては、破宅神を持つ女性は夫名義の家屋では、安定した家庭生活をおくることができないという意味がありますが、ただしこれは回避策があります。結婚後の家の名義に必ず剛力さんの名前もいれることである程度緩和されますので、100%夫名義にするのではなくたとえ10%でも良いので剛力さんの名義も入れて共同名義にすることを強くおススメします。

sponsored link

次にお相手の前澤友作さんの命式を見ていきます。彼の日干は「水」の五行の壬、日支は申となります。五行も平均していて良いですし、何より彼も実業家としては上々の命式をされていますね。中心星に食神があって、その食神を日柱の比肩が強めて更に強くなった食神が月上の正財を強めています。大運でも36歳から調候用神でもある夏の財星の大運に入っていますので、男性の命式としては言うことないですね。基本的には65歳まで続くとみてよいでしょう。資産が何千億という男性はこういう命式なのですね。納得。生まれつき他人の機嫌をうまくとって、人から可愛がられたり愛される人徳がありますが、結構そそっかしい人なので注意が必要です。日干の壬が月上の丁(=正財)と干合していますので、彼は女性を大事にする人ですね。

では。肝心のお二人の相性ですが、日干同士の相性は乙と壬でよろしくありません。ただし、前澤さんが干合する人でもあって、干合後の命式でみれば、剛力さんの乙と前澤さんの甲では相性は良いです。命式中に干合が起こる人は、無意識のうちに干合していてもう一人の自分にコロコロ切り替えられたりするんですよね。一方、日支の相性は剛力さんの亥と前澤さんの申では害となっていて、良いとは言えません。SEXの相性はイマイチですね。日干を干合させてOKとなる場合、少なくとも地支は支合か三合はしていることが望ましいのですが。四柱推命的にはあまり良い相性ではないですね。

今年2018年は前澤さんが正財の年に当たっていますので、異性運、結婚運の気運が高まっています。一方、剛力さんは今年が食神の年なので、ひょっとしたらお子さんを授かるなんてこともあってもおかしくありません。早ければ2018年の結婚も大いにありだと思いますが、ただそれを過ぎると、2019年の節分以降は剛力さんが傷官の年に入りますので、結婚も避けたいですし、更に破局に繋がらないよう気を付けてください。

五行的にはそこまで良い相性のお二人ではないのですが、剛力さんの年柱には前澤さんの日柱の「壬申」がそっくりそのまま入り込んでいますので、お互いが自分の身体の中に相手が入り込んでいるという姿にもなりますね。なんとなく離れられない相手ということなのかもしれません。

正直、前澤さんの命式を拝見する前は騙されているのでは。。。と親心的に心配にもなりましたが (^^;)、そんなこともなさそうです。彼は中心星に吉星の食神があって、倒食に倒されていませんし、更にそれを強める比肩もありますから性質の良い男性でしょう。やはり成功する人とか人がついていきたくなる人にはそれなりの理由があるはずです。今はお二人の言動が叩かれたりもしていますが、そのうち冷めるのでしょう。ただ、剛力さんはタレントという人気商売なので少しヴェールに包まれている方が良いのかも。陰ながら応援しております!

 - 相性・異性, 芸能人・有名人の鑑定 ,