世田谷淡島通りの四柱推命鑑定師のブログ。運勢の流れや吉凶を鑑定し人生を切り開くヒントをアドバイスしています。

四柱推命占い 2019年の暗示を読む ~皇太子さまの即位に関して~

 

2019新年
新年明けましておめでとうございます。昨年は時間的制約の中、鑑定にお時間を頂戴してしまったり、お断りせざるを得ない時期もありご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんでした。今年はサイトのリニューアルに伴い、Skype鑑定を取り入れてみようかと新たな試みも模索中ですので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

さて。無事に新しい年を迎えることができたことに感謝をしつつ、2019年の抱負を考えている方も多いのではないでしょうか。2019年は己亥(つちのとい)の年となりますが、四柱推命占いでは、この年に良い出来事が起きる暗示の方もあれば、反対に面白くない1年となる可能性が高い方も判断していくことができます。良い暗示のある命式の方は、ふっとやってきた幸運を掴み損ねることの無いよう、アンテナを張っておいたほうが良いですし、逆に禍に見舞われやすい暗示のある命式の方は、それ相応の心構えや不要な言動を慎むなど日頃から意識しておかれると良いと思います。

良い年となるか否かの判断の一つに、ご自身の日支と今年の干支の関係を見るという方法があります。今年の干支である亥と支合、三合する日支を持つ方は、特に今年の通変星に関することでの悦びごとが期待できます。亥と支合するのが寅、三合する卯、未を日支に持つ命式の方は、2019年の運勢はなかなか期待ができそうです。女性の命式で2019年が官星に当たっていれば、結婚にも絶好のタイミングですし、異性運も強いですから出会いのチャンスも大いにありそうです。反対に、男性の命式で2019年が財星に当たっていれば、やはり結婚や出会いの気運が強いですし、官星だったら仕事が多忙になったり、それにより地位や名声を得る暗示にもなります。

sponsored link

一方で、日支が亥と刑・沖・害している命式の方は、それぞれに禍の暗示となりますので気を付けておきたいところです。最も凶意が表れやすいのが、亥と沖する巳を日支に持つ方です。亥と巳の沖の現象は、移動や動きが激しくなり、離反、離別などの別れのきっかけを作ります。特に巳は亥に消されますので、最悪一生の別れ(この世からいなくなる)を経験することになる方もあるでしょう。沖ほどに悪くはありませんが、日支が亥の命式の方は刑(自刑)となって、自分自身の強引な行動によって失敗を招きやすいので、自我を抑えて控え目に行動することが肝心です。また、害となる申を日支に持つ命式の方も、他人との争い事や競争に巻き込まれやすく、身内や目上の人への敬意を欠いた言動や上下関係を無視した行動によって、運を落としかねないので気を付けましょう。

ざっくりと2019年の運勢を占う方法をご説明しましたが、特に2019年で個人的に気になりましたのが2019年の4月に控えた皇太子さまの即位に関してです。以前、眞子さまと小室圭さんの記事でも皇室の不思議に言及したのですが、皇太子さまの即位も同じく。なぜ2018年のうちに即位を済ませられなかったのか謎です。皇太子さま(1960/2/23生まれ)の日支が、なんと2019年の干支の亥と沖する巳なんですよね。今年の干支の亥とは一番仲の悪い干支ですから、皇太子さまにとっては面白くない1年になる可能性が高いということになるわけです。よりによって沖する年に即位の儀式を行うというのは腑に落ちませんよね。天皇の即位ということは、日本国の反映にも繋がってくるわけですし。政治的なことが影響しているのかもしれませんが、宮内庁としては危惧の念を抱いていたのではと推測します。

皇太子さまの命式
[命式] 1960/2/23男性
日   月    年
——————————
辛   戊    庚    :干
巳   寅    子   :支
丙   甲    癸   :蔵干

比肩  印綬  劫財   :天干通変星
正官  正財  食神   :蔵干通変星

死   胎   長生   :十二運

■五行のバランス
木=1
火=1
土=1
金=2(日干含む)
水=1

皇太子さまの命式は吉星が多く、何よりも五行がパーフェクトに揃っているので、大変良い命式をされていますし、お人柄の良さも表れています。月柱の12運に胎があって、新しい考えを積極的に取り入れて良好となる運を持つ方でもあります。ただし、正財格の破格の命式をされているので、本来であれば運勢、性質ともに劣ってもおかしくないですが、五行が揃っていることで破格の災いをカバーしていると言えそうです。それだけに五行が揃った命式というのは鉄壁なんですね。その他の点では、印綬と正財が並んでいますので、男性の場合は嫁姑問題に悩まされる命式ですし、破宅神もお持ちなので、何かと家庭内では問題が起きやすく、安定した家庭を築きずらいといった傾向があります。いずれにしましても、日本国の発展という意味では2018年のうちに天皇即位が行われるのがベストですが、残念ながらそれは不可能なことですから仕方ありません。(因みに占いの世界では2019年の節分までは2018年になります)

今年1年がみなさまにとって健康で充実した年になりますよう願っております。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 - 十二支, 命式